ボストンの経営戦略手法

経営学の中から次に紹介するのは、俗に「PPM」と呼ばれる戦略立案についてです。これはプロダクトポートフォリオマネジメントの略称で、事業市場の成長率とシェアによってそれぞれの商品を分類するという方法になります。分類方法は「高成長・高シェア」「低成長・高シェア」「高成長・低シェア」「低成長・低シェア」の4通りで、それぞれを「花形商品」「金のなる木」「問題児」「負け犬」と呼びました。金のなる木によって得たお金を、花形商品と問題視に対して投資することで成長させ、負け犬からは完全に撤退してしまおうというのがこの理論になります。

今乗っているラクティスが古くなってきたので、ここで次の候補を検討してます。

ルーセント 燦家 焼肉 のグルメ情報はこちら