産業の発展を支える学問

学問の中から、まず初めに紹介するのは経営学です。経営学は、第一次世界大戦後に急激に発展してきた産業と共に生み出されました。特に産業の隆盛の激しかったドイツとアメリカに於いて盛んに研究されたこの経営学、その内容は主に体系的管理運動に伴ったものです。これは、作業現場の管理について専門に取り組む職種である機械技師によって提唱されました。その当時、急激な産業の発展の裏には多くの問題が山積されていました。例えば就業環境はもちろんのこと、賃金の問題や、労働時間など、労働者にとって不利益でありながらも、企業にとって有益である状態が放置されていたのです。そこで、差別出来高給制度というものが考案され、歩合制の職業が登場するようになりました。これらのことから、経営というのがどう行われるのが企業と労働者にとって適切であるのか、それが研究されるようになってきたのです。そこでここからは、主にドイツとアメリカの経営学の発展について「独米経営学」、戦略立案手法の1つであるプロダクトポートフォリオマネジメントこと「PPM」、企業戦略論による概念「シナジー効果」、そして主力事業の成長鈍化を避ける「脱成熟化」の4つについて、それぞれより詳しく見ていきたいと思います。

カーホリックナビ
中古車をお探しなら